2017年 05月 03日
鹿島槍ヶ岳 東尾根
日時:5月2-3日(火-水)

場所:鹿島槍ヶ岳 東尾根

メンバー:U村、Y口

ずっと行きたかった 鹿島槍 東尾根に

ニノ沢の頭から見える北峰、第二岩峰、第一岩峰
c0192058_23050714.jpg

5/1(月)
前日夜は移動日

5/2(火)
4:20 大谷原 出発
最初の分岐から尾根に取り付き

c0192058_21463127.jpg

長々と尾根を歩き、
7:40 一ノ沢の頭
c0192058_23011318.jpg

ニノ沢の頭を超え、
c0192058_07480148.jpg
10:30 第一岩峰
登る前に、右斜面に薄い表層雪崩が起きました…

ここからは慎重にスタカット
c0192058_21555122.jpg

ピークをまいて、第二岩峰へ
c0192058_22262005.jpg
13:00 第二岩峰
特に、スタートの足場が悪すぎてしびれました。
c0192058_21550302.jpg

上部核心のぐらぐらチョックストーン部は
右壁はハングしている為、
左壁の細かいスタンスにアイゼン引っ掛けあがりました。
…事前に南山に行っていて良かったです。

第二岩峰を超え、
15:10 荒沢ノ頭  泊
c0192058_22043219.jpg

風はなかったですが、
夜は冷え込み、何度か起きてました。

5/3(水)
早朝の気温は-6℃
4:30 出発
5:25 鹿島槍ヶ岳 北峰
北峰から見る南峰
c0192058_22373102.jpg

6:40 鹿島槍ヶ岳 南峰
c0192058_22154196.jpg

登ってきた北峰、東尾根
c0192058_22100803.jpg

8:10 冷池山荘
下山は赤岩尾根から西沢へ
c0192058_22111461.jpg
9:00 西沢出合
去年、赤岩尾根を3時間30分かけて降りましたが、
西沢からシリセードで遊びながら40分でした。

10:10 大谷原

次回は、全て前に出れるようにと。

[PR]

# by kasugai-alpine | 2017-05-03 21:42 | 山行報告
2017年 04月 27日
白馬岳 主稜 (春合宿)
日時:4月15-16日(土-日)

場所:白馬岳 主稜

メンバー:Y本、T田、O村、Y口

白馬岳 主稜に行ってきました。

残念ですが、2430m付近で距離と時間を考え、敗退になりました。
それでも、先行に行く技術やペース配分等、再認識できる山行になりました。

c0192058_23455286.jpg

4/15(土)
運転中に雨が降りだし、
12:45 二股駐車場出発 → 14:55 猿倉山荘 →
川岸歩き → 16:20 白馬尻
濡れながらの雪道歩きは苦痛です。

c0192058_23493684.jpg
4/16(日)
4:00 出発
昨晩から星が綺麗に見え、風は強いが晴天でした。
c0192058_23530893.jpg

雪質は蹴りこめば止まり歩きやすく
c0192058_23560446.jpg

c0192058_00063451.jpg
9:18 2430m付近
ここまでの間でスタカットと先頭交代で100mあがるのに1時間近くかかり、残り500m

スカイラインの白馬岳はすぐそこに見えます。

先行に出てのラッセルと雪渓下山の時間を考え、

同ルート下山することに決めました。
c0192058_00244256.jpg
帰りもスタカットにクライムダウン
気温はだいぶ上がり、雪質は緩くしっかり蹴らないと抜けます。
c0192058_00141090.jpg
16:20 白馬尻テン場 
20:30 二股駐車場

来年の宿題にします。


[PR]

# by kasugai-alpine | 2017-04-27 23:42 | 山行報告
2017年 04月 11日
御嶽 上俵山 山スキー
2017年4月1日
Y口 U村
濁河温泉(1700)10:00発〜上俵山(2076)13:00〜濁河温泉15:00着
前日の降雪のおかげで良い雪質を楽しんできました。

c0192058_10555568.jpg

c0192058_00510014.jpg

c0192058_23053424.jpg


[PR]

# by kasugai-alpine | 2017-04-11 22:55 | 山行報告
2017年 03月 21日
八ヶ岳 権現岳
日時:2017年3月18-19日(土・日)
場所:八ヶ岳・権現岳(富士見高原→西岳→権現岳→編笠山→富士見高原の周回)
メンバー:T田、O村、Y口、M

青年小屋テント泊で権現岳に行きました。
おのおのが収穫や課題を感じる山行になりました。
c0192058_01212041.jpg

8時半頃出発
11時45分頃に西岳到着
c0192058_17285026.jpg

ほどなくして青年小屋に到着。
c0192058_17303848.jpg


翌朝5時頃に出発し、7時頃に権現岳到着。
c0192058_17315850.jpg

そこから二手に別れ、O村とY口は旭岳方面へ偵察に
c0192058_01220630.jpg

青年小屋で合流した後、11時半頃に編笠山到着。
c0192058_17391391.jpg


その後、富士見高原に13時半頃到着し、帰路につきました。

[PR]

# by kasugai-alpine | 2017-03-21 17:44 | 山行報告
2017年 02月 12日
伊吹山 山スキー
日時:2月12日(日)

場所:伊吹山

メンバー:Y本、Y口

今年初の山スキーでした。
見た目以上に湿雪で、ガスガス。

六号目小屋からは視界が悪すぎで、
滑る感覚がつかみずらかった。

c0192058_20294558.jpg

ただ、下は快晴でした笑

c0192058_20301856.jpg

[PR]

# by kasugai-alpine | 2017-02-12 20:27
2017年 02月 05日
中央アルプス 恵那山
日時:2017年2月4日(土)
場所:中央アルプス恵那山(広河原登山口ピストン)
メンバー:O村、M

冬の恵那山に行ってきました。
厳冬期とは名ばかりの小春日和でした。
c0192058_917419.jpg


時おり股まで踏み抜きましたが、ラッセルをする必要はあまりありませんでした。
c0192058_9192928.jpg


山へ入っていない時のトレーニングがいかに大切か再確認しました。
[PR]

# by kasugai-alpine | 2017-02-05 09:20 | 山行報告
2016年 11月 07日
中央アルプス 越百山
日時:11月5日~6日(土日)

場所:中央アルプス越百山(伊那川登山口ピストン)

メンバー:Y本、O村、M

越百山へ、歩荷トレと靴慣らしに行きました。

c0192058_0201870.jpg


c0192058_0265834.jpg


耐寒訓練もしなくてはなりません。
[PR]

# by kasugai-alpine | 2016-11-07 00:27 | トレーニング
2016年 08月 29日
棚山:数十年ぶりの棚山は・・・
山行日:2016年8月28日
ジャンル:ハイキング
参加者:夏目、Mさん(CAC)
方法:ほぼ車

先週の宝剣で苦渋の敗退を冒し、今週は滑川から前岳沢を渓行しようと考えていたが、前日気分よく飲みすぎたのと、肩の痛み、天候への懸念を言い訳材料に、早々に中止とした。(午前3:00には起きて天気のチェックしました)
二度寝して朝、ふと以前から計画していた高校時代の登山部OB会のことを思い出し、新城市在住の恩師のところに立ち寄り、OB会のできるところを物色することとした。突然の訪問にも関わらず、恩師はご夫婦で在宅されており、現在の棚山の状況をお聞きした。高校生時代は棚山には恩師の所有する「棚っ子小屋」があり、よく利用して、宇連山、明神山、鳳来寺山等に登ったものである。新人歓迎山行では「瀬戸岩」で岩登り(懸垂下降)など恒例事業となっていた。
県民の森、湯谷温泉街などを見て、いざ棚山へ。さみしげにそびえ立つ、愛知国体の時に使われた「ブッポウウォール」を横目に、大石登山口を探すもわからず素通りし、海老の集落へ。恩師の話によると林道が作られ、かなり上まで作られているものの、ゲートも設置されているとのこと。ひたすら林道を走ると赤いゲートが。
駐車場には浜松ナンバーの車が一台。ゲートには新城営林署の看板がかかり、ダイヤル錠で施錠されていた。ゲート右には棚山への登山道と案内看板。
この先の林道を車で行けれたら・・・誰でも思うことであろう。 しばらく鍵とにらめっこ。すると願いは通じるものなのか、鍵は空きゲートOPEN!。落石やワダチに注意して進行。
たどり着いたところは・・・。なんてことでしょう!「棚っ子小屋」の真ん前ではありませんか。数十年ぶりの棚山、しかも車で。
東屋の横に駐車し、瀬戸岩へ。
c0192058_1041539.jpg

瀬戸岩からは麓の集落もよく見え、以前の記憶が蘇えってきた。岩場の上からでは瀬戸岩全体は当然見えないので残念であるが、車に乗っているザイルやギアを取り出して登るほどのモチベーションもなく、見るだけとなった。今度は登ってみましょう。
その後、当然 宇連山、鳳来寺山に行くこともなく実家に立ち寄り、帰路についた。
[PR]

# by kasugai-alpine | 2016-08-29 10:58 | 山行報告
2016年 08月 22日
極楽尾根 調査Part2 敗退!
山行日  8月20・21日
参加者  夏目、Mさん(CAC) 計2名
工 程  20日 4時:春日井出発・7時:滑川入渓・13時:岩小屋(四の沢近く)
      21日 4時:岩小屋発・8時:極楽尾根支尾根取付・12時半下降・宝剣沢13時
           16時:宝剣山荘・21時:駐車場(上松Aコース)

 先々週、ワンデイでは無理と確証し、2日あればと再挑戦した極楽尾根であったが、見事惨敗した。
しかし、目的の一つであるたき火は、ちょうど2人分の岩小屋の下で夜の宴を盛り上げてくれた。
c0192058_1044474.jpg

13時と時間は早かったが、この岩小屋でのビバークはその後の雨を凌げたことと、たき火が朝まで
出来快適な夜であった。
翌日は4時出発。月明かりもあり、ほぼラテなしでも歩けるほどであった。
c0192058_10143215.jpg

朝日は望めないものの、
振り返れば雲海に埋まった上松の景色。
c0192058_1053562.jpg

稜線は見事なシルエット・・・
c0192058_1016714.jpg

前回の最終地点の滝を同じように登り、いよいよ極楽尾根への取付きである。今考えると、滝を登ってすぐに
取付いたほうが良かったかもしれない。今回は滝を登ってナメを登り、大きく左に曲がってから、100m位さらに上がったところから取付いてみた。意外とシビアな登攀となり、短く3ピッチほどで上部へ抜けたのだが、
パートナーの調子がいまいちであったのと、痩せ尾根の上、本尾根までかなり時間を要することがうかがえ、
今日中に帰らなければならない我々には敗退!の選択肢しかなかった。確かに、小ピークのある支尾根で悪戦苦闘し、敗退決定まで4時間ほどを費やしていたのだから・・・。
c0192058_10261062.jpg

懸垂3回で宝剣沢近くまで下り、クライムダウンして沢に降り立った。
しかし、ここから沢をただ降りるのは・・・、と考えていたころ、パートナーは沢を下るのは嫌だから、上にいこう!
というものだから@@@。
c0192058_10322926.jpg

横目に極楽尾根を見ながら・・・
宝剣沢を登り、宝剣山荘についたのは16時。≒3時間かけて登り切った。
下山は上松Aコース。
c0192058_1032365.jpg

下山途中、いつかは極楽尾根を末端から・・・と感じさせる風景であった。
結局、駐車場に着いたのは21時を少し回った頃であった。17時間行動に付き合った、Mさんお疲れ様。
次回、Part3はもう少し下部から取付こう!
[PR]

# by kasugai-alpine | 2016-08-22 10:39 | 山行報告
2016年 08月 19日
涼を求めて渋川(鈴鹿)へ 8月14日
渓行日:8月14日
参加者:夏目、Mさん 計2名
工程: 6:00 春日井  9:00 入渓  12:00 林道(終点)  13:00 駐車場
今回が沢登り2度目のMさんと渋川へ行ってきた。
今回は 八風街道と渋川の合流部にある林道脇駐車場より入渓した。
川遊びするガキ共を横目に遡上。いくつもの堰堤を乗り越え(たまに高巻)、
サルの大群に出会ったりしているとやっと滝が出てきた。
c0192058_918835.jpg

今回は水量もあまり多くないようで、すべての滝を正面?突破!
沢登りの醍醐味である。
一般的には初心者コースとはいうものの、高巻をしない我々には程よい納涼沢登となりました。
駐車場に戻るとき、愛郷の森を通らず、集落に降りたため、余分なアルバイトを強いられた。
[PR]

# by kasugai-alpine | 2016-08-19 09:26 | 山行報告